KOKORO 【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるようなオリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく、普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

キャンプで鉄板??その2

鉄板と鶏肉の相性

 

鉄板を手に入れてからは、昼休みなどにシングルバーナーで鶏肉を焼くのが日課になりました。

 

鶏肉と言っても若鶏ではなく、親鶏を好んで焼いて食べていました。

 

この親鶏と鉄板の相性はとても良く、表面がカリッと美味しく簡単に短時間で焼き上がります。

 

鉄板を使い出してから思ったのは、炭火焼よりも焼き上がりが格段に速いことです。

 

鶏肉は牛肉や豚肉のように薄く切るよりも、一口大のコロッとした大きさにカットすることの方が多いと思います。

 

その分厚みがあると思うのですか、炭火では表面は焼けていても中身はあまり焼けていないという経験をされた方もいるかと思います。

 

これが鉄板で焼くと鉄板の表面で熱が入るのと同時に、鉄板から出る輻射熱でも熱が入るためではないか?と、感じるようになりました。

 

ハンバーガーを作る時のパテも簡単に焼き上がります。

 

鉄板の形状の話

 

いつもの材料屋で買ってきた鉄板は持ち手が付いてはいるのですが、これは鉄板が熱せられると持つことが現実的ではない構造でした。

 

そこで、別に取り外し式のハンドルが欲しいなと思いました。

 

火にかけて食材を焼いているときは、鉄板を動かす事は基本的にはないと思います。

 

が、焼き終わった後は邪魔になるので、冷めるまで火から外すために動かす必要性が出てきます。

 

それに、鉄板の掃除をする時は熱を持たせたまま水をかけた方が、焦付きや汚れを簡単に落とすことができます。

 

そうなってくると絶対に必要なのがハンドルです。

 

持ち手のように考えられたと思われるデザイン

 

ハンドルの形状の話

 

そこで鉄板の形状と共に考えたのが、ハンドルの形状です。

 

よくあるハンドルは直線的な形状で、そのまま鉄板に差し込むものしか見たことがありません。

 

試行錯誤してたどり着いた鉄板のサイズは、厚み6mm200mm×200mmで重さが約1800gあります。

 

この重さを真っ直ぐに差し込んだハンドルで手首だけで支えるのは、持てなくも無いですが持ち易くはないです。

 

そこで思いついたハンドルの形状は、持ち手の重心を鉄板の中心に寄せる構造でした。

 

その構造でハンドルを作ると、不思議と1800gの重量もそこまで重く感じることがありません。

 

これなら、手首の負担も少なくなり女性や子供も持てなくはないと思いました。

 

今のところこの形状のハンドルは、KOKOROブランドのオリジナルデザインです。

 

そのほかのこだわりについては次にお話しします。

 

このハンドルが完成形です

 

 

アウトドアライフスタイル・オリジナルキャンプギア | KOKORO

KOKORO

【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。
アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるような
オリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく
普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。
自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

屋号 匠製作所
住所 〒880-0912
宮崎県宮崎市大字赤江872
営業時間 9:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 山脇 巧(ヤマワキ タクミ)
E-mail info@kokoro-takumi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

特集