KOKORO 【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるようなオリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく、普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

キャンプギアに適した材質は??

金属製か?木製か??合成樹脂製か???

 

私たちの生活の中に金属製品は溢れています。

そんな金属製品の中には当然キャンプギアもあります。

 

そこでキャンプギア全般で考えた時に材質って何が多いのかな??

と、考えた時に思い浮かぶものと言えば大体は金属製、木製、合成樹脂製の三種類ではないでしょうか??

 

私は金属加工をやっているので私自身が扱うものといえば金属全般になります。

金属全般といっても様々な種類があり、鉄、ステンレス、アルミニウム、チタン、銅などが一般的だと思います。

 

その中でも私がキャンプギア製作に使用する材料はSS400と呼ばれるSUS304と呼ばれるステンレスが主になります。

 

金属は道具があれば意外と加工性は良い!

 

鉄とステンレスの特性

 

私自身過去に製缶工として鉄工所で仕事をしていた経験があります。

 

その時も基本的にSS400とSUS304を扱っていました。

たまにSUS316というちょっと特殊?なステンレスも扱うことがありましたが、 基本的にSS400とSUS304があればキャンプギアに関しては事足りると考えています。

 

キャンプギアを製作する場合、鉄製とステンレス製で考えたときにどちらが良いとは一概には言えませんが、用途によって使い分けるのがいいと私は思います。

 

一般認識として鉄は錆びるがステンレスは錆ないと言うのは誰もが認識していることではないでしょうか??

ただ、これは間違った認識でステンレスは錆ないと言うより錆にくいと言う性質を持っている材料であり錆ない材料ではありません。

 

それ以外に挙げられる鉄とステンレスの違いと言えば熱伝導率の違いです。

鉄は熱伝導率が良く均等に暖まりやすいですが、ステンレスは熱伝導率が悪く均等に暖まるのに時間がかかります。

 

それらの性質を考えたときに調理用鉄板は鉄製のものが適していると思います。

私自身調理用鉄板も扱っていますが今のところ鉄製のみです。

 

ステンレスの鉄板も試しに作ってみたのですがコストがかかる上に熱伝導率は悪く、トータル的なバランスを考えたときに鉄製のものに落ち着きました。

ものにもよりますがステンレスはだいたい鉄の5倍ほどしますので、、、泣

 

KOKOROブランド調理用鉄板

俺の黒皮鉄板 6mm4面曲げタイプ

 

調理鉄板は鉄製の方が良いと思うのですが、その他の道具はどうなのかを私の実体験をもとに私なりの使い分けや考え方について明日書こうと思います♪

 

 

 

 

 

KOKOROブランドキャンプギアのことなら

https://kokoro-takumi.com/items/

 

 

 

 

 

アウトドアライフスタイル・オリジナルキャンプギア | KOKORO

KOKORO

【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。
アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるような
オリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく
普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。
自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

屋号 匠製作所
住所 〒880-0912
宮崎県宮崎市大字赤江872
営業時間 9:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 山脇 巧(ヤマワキ タクミ)
E-mail info@kokoro-takumi.com

コメントは受け付けていません。

特集