KOKORO 【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるようなオリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく、普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

キャンプ初心者がまずそろえるものは??

今年こそはキャンプをやってみたいと思ったら??

 

昨今のキャンプブームもあり

今年こそはキャンプやってみようかな??

と、考えている方もいるのではないでしょうか?

 

思い立ったらが吉日ではないですが、ソロでもファミリーでもいいので今年こそ是非一度体験してみて下さい。

 

キャンプはキャンプのみではなくキャンプと何かを掛け合わせても楽しめます

 

キャンプ道具何から揃える??

 

さて、キャンプをやってみようと思ったものの周りにキャンプをやっている友人、知人がいなくて何からはじめたら良いか分からない方のために私の実体験をお話しします。(参考にならなかったらすいません)

 

私の場合は周りにキャンプをやっている友人達がそれなりにいたので、友人から情報収集をしました。

 

そして、私がまず手に入れたキャンプ道具はテントでした。

これは友人のアドバイスもあったのですが、私自身もキャンプといえばテント泊が真っ先に思い浮かぶキャンプのイメージだったので、テントがないと話にならない事は感じていました。

 

私の場合はテントを手に入れた時点で、とりあえず一度友人達のキャンプについて行きそのテントでキャンプを体験しました。

 

そのほかの道具は、昔ホームセンターで買ったチェアは持っていたし、カセットコンロのようなものもありました。

そして調理器具は家にあるものを持って行って使いました。

 

私が人生で初めてゲットしたLOGOSのテント

 

冬でもない限り家にあるもので一度キャンプを体験してみる。

 

私の経験上、初めてのキャンプは真夏はあまりお勧めはできません。

それはなぜかと言うと、真夏は気温は高くて良いのですが虫が多いです。笑

 

これはキャンプはやってみたいけど虫だけはどうしても無理という方には絶対です。

日中は暑ささえしのげれば良いのですが、特に山奥のキャンプ場では夜の明かりに釣られて虫がかなり集まってきます。

 

そんな状況が初体験だと

次回はもういい!!

と、なりかねないからです。笑

 

そんなことになると、せっかくのキャンプ体験の印象が悪くなってしまいます。

そうならないためにも春の4月〜5月位、秋の10月〜11月位が良いと思います。

 

妻との四国旅行もずっとテント泊でした

 

 

とりあえずテントがあればキャンプは体験できる!

 

今までの話は私のソロでの実体験です。

最初はテントの中のインナーマットの存在すら知りませんでした。笑

 

照明は懐中電灯でした。

食器は使い捨ての紙製のものでした。

寝袋もホームセンターの1000円ほどのものでした。

その他のものは家にあるものでキャンプを体験しました。

 

何が言いたいかという私が考えるキャンプの醍醐味、面白さは自分自身で考えながら道具を揃えていく過程にもあると思います。

 

いきなり何もかも揃えるよりは経験者に連れて行ってもらう、ついて行くなどしてとりあえず一度体験してみることが良いかと思います。

 

キャンプ5回目くらいの時で何が必要かが少しずつ分かってきた頃

 

 

 

 

 

焚き火、焚き火料理をするなら

https://kokoro-takumi.com/items/

アウトドアライフスタイル・オリジナルキャンプギア | KOKORO

KOKORO

【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。
アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるような
オリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく
普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。
自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

屋号 匠製作所
住所 〒880-0912
宮崎県宮崎市大字赤江872
営業時間 9:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 山脇 巧(ヤマワキ タクミ)
E-mail info@kokoro-takumi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集