KOKORO 【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるようなオリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく、普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

焚き火料理の道具は何がいいですか??

早いもので2021年も残すところあと1ヶ月となりました。

今日はキャンプでの楽しみの一つ焚き火料理の時の調理器具についてです。

 

焚き火料理を楽しむために

 

キャンプでの楽しみにキャンプ飯があります。何と言ってもこれはキャンプの時には外せないことではないでしょうか??

 

自宅ではできない焚き火を使った豪快なキャンプ飯はキャンプならではの醍醐味だと思います。

 

私自身子供の頃から見よう見まねで料理をするのが好きでした。

自宅でも料理をしますがキャンプで焚き火を使った料理をするのがとても好きで何より楽しくて仕方がありません!!

 

ある意味、焚き火と料理をするためにキャンプに行っていると言っても過言ではありません。笑

 

キャンプならではの焚き火料理は豪快で楽しいんです♪

 

焚き火料理に適した調理器具って??

 

私がキャンプを始めた頃はキャンプで使う調理器具など何一つ持っていませんでした。

普通に家にあるフライパンや手鍋などを持って行きそれを使って料理をしていました。

 

焚き火料理は炎の状態にもよりますが調理器具にだいたい煤がつきます。

この煤が付くのがあまり好ましくない方もいるとは思いますが、私はその煤がついた汚れ具合が案外好きだったりします。笑

 

先に結論から言うと焚き火料理に適した調理器具と言うのは私の経験上ありません!!

ありませんと言うより結局はどんな調理器具でも使えるのです!!

 

アルミ製、銅製、鉄製、ステンレス製、チタン製など金属であればほぼ使えないものはないと思います。

よって自宅にある調理器具もほぼ全てキャンプで使えなくはないのです。

 

ただ、 あえて言うなら持ち手がゴムや木製のものは焚き火の火で焦げてしまうことがあります。

私は過去に焦がしました、、、泣

 

それは焚き火の場合ガス火と違い火力の調整ができなくは無いのですが、ガス火のようにつまみを捻って調整するわけにはいかないからです。

 

鋳物のスキレットはキャンプ時の代表的な調理器具ですね!

 

焚き火料理のコツはありますか??

 

私の経験上言える焚き火料理のちょっとしたコツがあります。

それは薪がガンガンに燃えているときは調理をするのを避けてある程度火が落ち着いた状態で調理する方が失敗しにくいということです。

 

それはガス火と違い焚き火の赤黄色い炎と言うのは、ガス火の青白い炎より温度が低いため薪があまり燃えていない状態の炎だとそこまで温度が上がらないため調理器具や食材を焦がしにくいからです。

 

私は大体強火で炎から調理器具を外しながら温度調整をして調理をするのがやりやすいので慣れてはいますが、

焚き火料理をやってみたい!

豪快な焚き火料理に挑戦したい!

という方は薪の炎が落ち着いた状態から調理を始め調理器具の熱の状態をつかみながら徐々に火力を上げていくようにすれば失敗しにくいと思います。

 

とはいっても人生と同じで何かしら失敗はつきものです。

失敗して改善して次につなげていけばいいと思います♪

 

キャンプだけではなくバーベキューの時などでも焚き火料理はできなくは無いのでぜひ焚き火料理を楽しんでみてはいかがでしょうか??

きっと何か新しい発見や体験につながるはずです♪

 

焚き火で飲み物を温めるだけでも楽しめると思います♪

 

 

 

 

 

 

焚き火料理ギアのことなら

https://kokoro-takumi.com/items/

 

 

アウトドアライフスタイル・オリジナルキャンプギア | KOKORO

KOKORO

【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。
アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるような
オリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく
普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。
自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

屋号 匠製作所
住所 〒880-0912
宮崎県宮崎市大字赤江872
営業時間 9:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 山脇 巧(ヤマワキ タクミ)
E-mail info@kokoro-takumi.com

コメントは受け付けていません。

特集