KOKORO 【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるようなオリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく、普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

ホットサンドのコツは??

ホットサンドを美味しく仕上げるちょっとしたコツ

 

簡単に楽しく美味しく作ることができるホットサンドですが、私の経験上のちょっとしたコツを3点ご紹介します。

 

①パンは薄めのものより厚めのもの

②火加減は弱火〜中火でじっくり焼く

③具材は水分控はえめで

 

この3点を気にかけて作れば大体美味しく仕上がると思います。

 

厚めのパンをプレスする方が楽しい。

 

パンは薄めのものより厚めのもので

 

私はキャンプをする前からホットサンドを作っていました。

 

というのも自宅ではなく、過去に喫茶店で仕事をしていたのですが、その喫茶店でホットサンドを作っていました。

 

その喫茶店では食パンオンリーでしたが、食パンの厚みは3センチ程にカットしたもの2枚で1セットで作っていました。

 

私の経験上、パンをプレスする時にしっかり押さえられる位の厚みがある方が良い仕上がりになると思います。

 

それにある程度の厚みがあると余分な水分を吸収させる余裕にもなるので良いと思います。

 

押さえる時に厚いくらいの方がやってて楽しい。笑

 

火加減は弱火〜中火でじっくり焼く

 

いつもキャンプでホットサンドを作る時は焚き火で作ります。

 

その時は熾火くらいの火が落ち着いた状態でホットサンドメーカーを火にかけます。

 

そしてじっくりとある程度の時間をかけて両面焼き上げます。

 

私が好きな焼き加減は表面も中身もパリッと焼き上がった状態です。

 

サクサクよりも食べ応えがある硬めぐらいが私好みです。笑

 

それくらいの状態に仕上げた方が食べる時に型崩れしにくいので食べやすいとも思います。

 

具材の量、具材の種類にもよると思いますが、ふんわりしっとり気味に仕上げると、食べる時に中の具材がはみ出しやすいかなと感じました。

 

硬めに仕上げるのが私好み。

 

具材の水分は控えめで

 

これは当たり前といえば当たり前のことなのですが、パンでサンドする以上水分が多すぎると良くないのは想像できるのではないでしょうか??

 

パンは水分を吸収し易いものです。

 

ハンバーグは挟んでプレスすると美味しく仕上がりますが、ハンバーグソースは適度にしなければ焼き上がりが上手くいきません。

 

熱を加えて固まりにくい性質のものは望ましくないと思います。

 

逆にフレンチトーストのように吸わせて焼いて固めるものもあるので、フレンチトーストをホットサンドメーカーで作っても全然アリだと思います。

 

と言うよりやってる人もたくさん居たと思います。

 

ホットサンドメーカーはパンに限らず餃子を焼いてみたりと色んな鉄板料理に対応できるので、一台あると便利だと思います。

 

新しい使い方、料理を考えてみるのも面白いと思いますよ〜

 

バンズにベーコンを乗せて焼いてみました。

 

 

 

 

 

KOKOROブランドキャンプギアのことなら

https://kokoro-takumi.com/items/

アウトドアライフスタイル・オリジナルキャンプギア | KOKORO

KOKORO

【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。
アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるような
オリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく
普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。
自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

屋号 匠製作所
住所 〒880-0912
宮崎県宮崎市大字赤江872
営業時間 9:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 山脇 巧(ヤマワキ タクミ)
E-mail info@kokoro-takumi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

特集