KOKORO 【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるようなオリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく、普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

タープのおすすめサイズは?

晴れの日に大活躍

 

タープの話が続きます。

 

梅雨空も案外短く梅雨明けしたかのような晴れの日が続きます。

 

こんな青空の気持ちい日には屋外で過ごしたくなると思います。

 

そんなアウトドアライフの時には、タープがあるのと無いのとでは快適さが全く違います。

 

どこでもと言う訳にはいかないとは思いますが、ある程度のスペースがあって人の邪魔にならないような場所ではタープを是非使ってみて下さい。

 

タープの目的は日陰を作ること、雨を避けることなどですが、風通しの良い場所で簡易的に日陰を作るにはタープです。

 

日陰が無いところでのレジャーにはタープは必須アイテムです

 

大は小を兼ねる??

 

私がお気に入りのタープですが、サイズ、材質、形状も実に様々です。

 

ポリエステル製、ポリコットン製、コットン100%製が主な材質かと思います。

 

大きさは3m×3m〜5m×5mがよくあ一般的なサイズで、形状はレクタタイプ(長方形)スクエアタイプ(正方形)ヘキサタイプ(六角形)が主流です。

 

形状はどれも使ったことがありますが、私はレクタタイプがお気に入りです。

 

大きさは大は小を兼ねるでは無いですが、小さいものより大きいものの方が汎用性があって使えると思います。

 

まず、タープを使ってみようと思うのであれば4m×4mサイズを私はおすすめします。

 

先日の取材の時は3m×3mでやりましたがソロでも小さく感じました

 

タープからはじめる

 

ソロ、カップル、ファミリーでもアウトドアでBBQなどのレジャーをする時には是非タープを使ってみて下さい。

 

その張り方の汎用性を掴めれば、いつものアウトドアレジャーが一層楽しくなると思います。

 

私がオススメするDDタープの4×4サイズと、φ28の2500サイズのポール2本を1セットで持っておくと防災用品として役立つと思います。

 

何より私はタープを張るだけでも楽しめるので、子供と良く行く観音池公園でのデイキャンプの時には色んな張り方をして遊んでいます。

 

キャンプをしなくても外遊びが好きな人はタープをゲットして日陰作りで遊んでみてはいかがでしょうか??

 

コットン100%なら濃い日陰が作れます

アウトドアライフスタイル・オリジナルキャンプギア | KOKORO

KOKORO

【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。
アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるような
オリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく
普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。
自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

屋号 匠製作所
住所 〒880-0912
宮崎県宮崎市大字赤江872
営業時間 9:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 山脇 巧(ヤマワキ タクミ)
E-mail info@kokoro-takumi.com

コメントは受け付けていません。

特集