KOKORO 【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるようなオリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく、普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

河原でタープを張るコツは?


河原でのデイキャンプ

 

先日の西米良でのデイキャンプでは、テンマクデザインの男前タープを張りました。

 

今年で3回目の西米良でのデイキャンプですが、昨年まではddタープの XLサイズを使っていました。

 

ですが、今年の5月に行った日向でのキャンプの時に破れてしまいました。泣

 

ddタープは何かと使い勝手が良くて気に入っていたのですが、使用頻度も多く寿命だったのかも知れません。

 

河原ではペグが効きにくいので、大きな石にガイロープを引っ掛けてタープを張ります。

 

一昨年のデイキャンプはddタープでした

 

大きな石を使って設営

 

毎年の事ですが、この場所でのデイキャンプの時はタープを張ります。

 

日当たりが良く、日陰がないのでタープが無いとさすがにその場所で長時間過ごせません。

 

そこでタープを張るときは、ペグは使わずに大きな石を重石にしてガイロープを張ります。

 

大体ですが、石の重さは30kg程度あれば大丈夫だと思います。

 

それくらいの石を見つけて大まかな位置まで転がします。

 

そして、ガイロープを石に回し掛けてポールを立てます。

 

ここでのちょっとしたコツは、石は人が持ち上げられないくらいの重さのものが良いと思います。

 

それくらいの重さがあれば、しっかりとガイロープにテンションを効かせてタープを張ることができます。

 

大きな石がない砂地の河原ではまだやったことがありませんが、そんな時は砂地用のペグを使うと良いと聞きました。

 

川のすぐ側にタープを張りました

 

男前タープはコンパクトで扱いやすくてちょうど良かったです

 

川の中から見た風景

 

今年は息子も一緒に

 

昨年はよくよく思い返せば5月に来ていました。

 

今年は8月で1歳になる息子も一緒でした。

 

やはり小さな子供が2人いると、何かと大変ではありますが、みんな楽しんでくれたみたいで良かったです。

 

できれば今年はもう1回友人家族も誘って行きたいな〜と考えています。

 

綺麗な川、青い空、澄んだ空気、木々の緑が本当に自然そのままの良い所でお気に入りです♪

 

もうすぐ3歳になる娘も大きくなりました

 

今年は息子も一緒に

アウトドアライフスタイル・オリジナルキャンプギア | KOKORO

KOKORO

【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。
アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるような
オリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく
普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。
自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

屋号 匠製作所
住所 〒880-0912
宮崎県宮崎市大字赤江872
営業時間 9:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 山脇 巧(ヤマワキ タクミ)
E-mail info@kokoro-takumi.com

コメントは受け付けていません。

特集