KOKORO 【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるようなオリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく、普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

オススメの焚き火台は??

多種多様な焚き火台

 

キャンプと言えば?

 

何を思い浮かべますか?

 

キャンプと言えばテント泊と焚き火。

 

私にとってキャンプと焚き火はセットで、キャンプに行けば必ず焚き火をします。

 

そんな焚き火をするには直火がOKなキャンプ場以外では、必ず焚き火台が必要になります。

 

私は直火がOKな場所でも、後始末の事などを総合的に考えると焚き火台を使用して焚き火をします。

 

一口に焚き火台と言っても多種多様で、実に様々な焚き火台があります。

 

シェラカップは基本です!オリジナル焚き火台

 

焚き火台の選び方は?

 

これからキャンプを始めようと思っている方が焚き火台を購入する際、何を基準に焚き火台を選べば良いか分からないと思います。

 

今の時代ネットでいくらでも情報収集できるので、ネットで探すか実店舗で実際に見てみるのが手っ取り早い方法だとは思います。

 

ただ、どんなものでもそうだとは思いますが、実際に使ってみたらちょっと思っていたのと違った、、なんてことは良くあることです。

 

そこで、私なりに焚き火台を購入する際のポイントをご紹介します。

 

KOKOROファイヤーボックス

 

焚き火するなら焚き火料理を!

 

私のキャンプのイメージといえば、黄色い三角テントと焚き火で飯盒炊爨です。笑

 

これは、キャンプをする前からの私の勝手なイメージです。

 

どうせ焚き火をするなら、

 

その熱を料理に使わない手はない!!

 

と心底思っています。

 

て、言うよりキャンプといえばそれが当たり前だと思っていました。

 

なので、焚き火台を選ぶときは、焚き火台本体とロストルがセットになったものが良いと私は思います。

 

焚き火だけをする焚き火台でも、後付けで焚き火ハンガーやロストルをセットして料理をすることができます。

 

が、どうせならセットになったものの方がお得感はあると思います。

 

それに、その焚き火台とセットで製作されているため、デザインに統一感があります。

 

KOKORO焚き火台ワイドモデル

 

キャンプでは収納性が重要

 

それと、私自身色々と焚き火台を製作して、実際に自分で使っています。

 

最近思うことは、やはり収納性が良い事に越した事はないと思います。

 

これはどういう事かと言うと、キャンプをやってみれば分かると思うのですが、何かと荷物は多くなります。

 

これは、ファミリーキャンプの時には、特に当たり前に多くなります。

 

普通に一泊二日で旅行に行くと考えても、着替えやなんやかんやと荷物はあるはずです。

 

これが、キャンプとなれば尚のことキャンプ道具もプラスされる為、必然的に荷物が増えます。

 

そんなことを考えると、焚き火台に限らずキャンプ道具はコンパクトに収納できるものが私は良いと感じています。

 

なので、焚き火台も収納性の良いコンパクトになるけど、スペックは大きく使えるものが私は使い勝手が良いと感じています。

 

それと、火床がある程度の高さがあり地面を痛めないものをオススメします。

 

KOKORO焚き火台ステンレスモデル

 

 

 

アウトドアライフスタイル・オリジナルキャンプギア | KOKORO

KOKORO

【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。
アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるような
オリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく
普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。
自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

屋号 匠製作所
住所 〒880-0912
宮崎県宮崎市大字赤江872
営業時間 9:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 山脇 巧(ヤマワキ タクミ)
E-mail info@kokoro-takumi.com

コメントは受け付けていません。

特集