KOKORO 【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるようなオリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく、普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

焚き火の楽しさとは??

本能が求める炎という存在

 

焚き火の面白さ、楽しさ、何がいいかなど体験したことが無い人に言葉で説明するのは、私にはとても難しく感じてうまく説明というか言葉が出てきません。

いつも『是非、体験してみて下さい!』が私なりの説明というか返事になってしまいます。

 

当然言葉で説明する人、説明できる人も居るとは思いますが、私が思うに人類の祖先が火と出会い火を扱えるようになり大自然の中を生き抜いて、子孫を残し反映してきた過程の中に絶対に必要な存在であった『火』というものは、人の何処かに必ずある意識しなくても本能が求めるものなのかなと、最近になって感じるようになりました。

 

現在の生活の中でも『火』は絶対に必要なものであって生きていくためには必ずなければならないものだと思います。

日常ではガス火を使う事が当たり前すぎて、その存在を深く考えることはないかも知れません。

普通にコンビニなどでライターは簡単に手に入るしガスキッチンの場合はレバーをひねるなりすれば簡単に火を出す事ができます。

 

もしそれらが無かったとしたらどのようにして『火』を生み出すかを考えると簡単なことではないと思います。

極論で言うと『火』が無いと人は生きていけないと私は思います。

 

ガス火と焚き火の火では違いがあるとは思いますが、『火』の始まりは今の私の知識で思いつくのは、落雷や火山の噴火により木々が燃えることにより自然に起こっていたであろう『火』では無いのかなと私は思います。どのような過程で人類の祖先はその『火』を扱おうと思ったのかや、扱えるようになったのかは私には分かりませんが、『火』と共に発展し生き抜いてきた結果が今の人類なのだろうなとは思います。

 

結局、『火』は人にとって必ずなくてはならないものの一つであって意識しなくても本能の求めるものなんだと私は思います。

だから焚き火をして『火』を眺めたり心を穏やかにするのは本能の欲求の一つなのかもしれません。

 

日常生活では焚き火をすることは簡単なことでは無いかもしれませんが、キャンプ場など大自然の中でで焚き火をして『火』と向き合う時間、眺める時間はこれからの日常を良い方向に導いてくれるきっかけの一つになるのではないかなと、私自身体験して感じています。

 

アウトドアライフスタイル・オリジナルキャンプギア | KOKORO

KOKORO

【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。
アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるような
オリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく
普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。
自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

屋号 匠製作所
住所 〒880-0912
宮崎県宮崎市大字赤江872
営業時間 9:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 山脇 巧(ヤマワキ タクミ)
E-mail info@kokoro-takumi.com

コメントは受け付けていません。

特集