KOKORO 【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるようなオリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく、普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

キャンプで鉄板??

鉄板料理という選択肢

 

私自身、アウトドアで鉄板と言っても正直あまりピンときませんでした。

BBQや焚き火料理は想像できるのですが、鉄板を使った料理と聞いてもよく分かりませんでした。

 

そんな時にいつもの材料屋さんで厚みが9mmで200mm×200mmサイズに切り出してある鉄板を発見しました。

 

この鉄板を見てピントきました!

 

この鉄板はキャンプが趣味の材料屋さんの社長が、BBQ用に作ってみたという話でした。

 

この鉄板を見つけたのは、ちょうど芸人ヒロシのYouTubeで

164鉄板という商品を販売するという話を聞いた頃でした。

 

そこまでYouTubeは見ないのですが、

芸人ヒロシの164鉄板の使用動画は見てみることにしました。

 

その動画を見て純粋に、『焚き火と鉄板』の抜群の相性の良さに気付きました。

 

これは面白い!!!

 

ちょっと感動しました。

 

そこで、自分でもやってみたい!!

と思ったので材料屋さんで見つけたその鉄板を買って帰りました。

 

工場に戻ってきて取りあえず、シングルバーナーを使って鉄板で鶏肉を焼いてみました。

鉄板を使って焼いた鶏は香ばしくて、炭火とは違った焼け具合でとても美味しかったです。

 

そこで

鉄板は使えるな!!

と、ちょっと閃きました。

 

材料屋さんで買ってきた鉄板は9mmで200mm×200mmサイズで重さが2.8kgと

キャンプで使うには持ち運びがちょっと重すぎると感じました。

 

極論から言うと、鉄板は厚みがあればあるほどいいと思います。

それは一般的に鉄と呼ばれる材料のSS400は熱伝導が良いからです。

 

逆にステンレスSUS304と呼ばれる材料は熱伝導が良くないため

鉄板には不向きではないかと思います。

 

これは全く使えないというわけではありません。

私自身SUS304の鉄板も試作で作ってはみました。

 

あからさまな使い勝手の悪さなどは、そこまで感じないかもしれないのですが

なんと言っても値段がSS400に比べ5倍ほどと高価になるためどうなのかなと思うところがありました。

 

そこでたどり着いたのがSS400の6mmサイズです。

 

ここからKOKOROブランドの鉄板開発が始まりました。

 

 

 

 

アウトドアライフスタイル・オリジナルキャンプギア | KOKORO

KOKORO

【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。
アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるような
オリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく
普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。
自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

屋号 匠製作所
住所 〒880-0912
宮崎県宮崎市大字赤江872
営業時間 9:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 山脇 巧(ヤマワキ タクミ)
E-mail info@kokoro-takumi.com

コメントは受け付けていません。

特集