KOKORO 【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるようなオリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく、普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

キャンプで鉄板??その4

焚き火と鉄板の相性

 

焚き火料理を考えた時の、調理器具の選択肢といえば飯盒、スキレット、クッカー、ダッチオーブン、フライパンなどが一般的に思い浮かぶところではないでしょうか??

 

私はそうでした。

でも鉄板を知ってからは、鉄板も焚き火で直接直火で使うようになりました。

 

使ってみた私なりの感想はズバリ『めっちゃ使える!!』の一言です。

 

ガス火も当然使えるのですが、ガス火の場合は火口の大きさにより鉄板全体を均等に温めるのは、少し経験が必要な部分もあると思いました。

 

 

それは、火口が細くポイントで火が当たるようなガス器具の場合はその一点に火が当たりそのポイントだけが熱を持ちやすいからです。

 

弱火で均等に温めたとして200mm×200mm程度の鉄板サイズでも、鉄板の温まり方にムラができると感じたからです。

 

ガスの場合は火口が大きなガス器具を使って中火で均等に温めるイメージで火を当てるとうまくいくと感じました。

 

 

それに比べて焚き火の場合は、火口の大小といった問題もないので、均等に鉄板が温まるところが最大のメリットと感じました。

 

ただ、ガス火の青白い炎より火の温度が弱いとは言っても、火を当て過ぎると鉄板が熱くなり過ぎるので適度に火から外すなどして温度調整が必要にはなります。

 

焚き火を使った場合、鉄板に限らず全ての調理器具において言えることなのですが、火の調整ができないためご自身で焚き火の炎の調節、適度に調理器具を火から外すなどのスキルは必要になります。

 

 

 

 

でも、この焚き火を使った直火での料理が出来るスキルが身に付けば必ず何かの役に立つと思います。

 

 

 

鉄板のメリット肉類だけではなく、様々な食材を素早く調理することができることと、様々な熱源に対応できることだと私は感じています。

 

 

 

あえてデメリットを上げるとすれば、私の経験上、今思うのは重さぐらいかと思います。

 

明日は、よく聞かれることの一つ『鉄板の手入れ』についてお話しします。

 

 

アウトドアライフスタイル・オリジナルキャンプギア | KOKORO

KOKORO

【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。
アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるような
オリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく
普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。
自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

屋号 匠製作所
住所 〒880-0912
宮崎県宮崎市大字赤江872
営業時間 9:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 山脇 巧(ヤマワキ タクミ)
E-mail info@kokoro-takumi.com

コメントは受け付けていません。

特集