KOKORO 【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるようなオリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく、普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

雨でもキャンプはするの??

雨でもキャンプはできます

 

私は、予定を立てていればよっぽどの土砂降りの雨でもない限り少々の雨ならキャンプに行きます。

当然、何かと勝手はめちゃくちゃ悪いです。

 

雨の中の設営、雨の中の撤収など経験はしましたが、、、正直お勧めは出来ません。笑

 

雨の中のキャンプとなるとそれなりの準備と、道具も必要になります。

 

初めての雨キャンプ。ずぶ濡れになりました。笑笑

 

なんと言っても大事なのは大きなタープです。

これがないと話になりません。

雨キャンプでテントだけだと、テント内で全てのことを済ませないといけないのでやれることも限られます。

 

全室がないテントだとひたすらテントにこもってゴロゴロするしかないのかと、、、泣

 

それでも防水性、撥水性に優れた大きめのポリコットン製やコットン製のタープがあれば案外楽しめます。

そのタープ中で焚き火や料理もできるので、普段のキャンプとあまり代わりなく大体のことができます。

 

タープから流れ落ちる雨水が案外面白い。笑

 

雨でもタープの中にいればタープに当たる雨音を聞きながら焚き火をしたり、料理をしたり、まったりしたりと案外楽しかったりします。

 

ポツポツ、ポツポツとタープに当たる雨音に耳を傾けると、雨の強さによって雨音も変わるのでその変化を感じるのも良かったりします。

雨なら雨の楽しみ方、過ごし方を考えれば案外悪くはなかったりするものです。

 

当然、晴れの方が全然良いのですが、、、笑

 

コットン製のタープもものにより良く水を弾く。

 

雨キャンプもそれはそれで何か新しい発見があるのも面白みです。

 

地面の状態が、砂利なのか、芝生なのか、などその場所の状態によって水捌けの違いを感じることもできます。

砂と砂利のところでは思いの外水捌けもよく撤収時に助かります。

 

今まで経験した中では、設営時は曇りで設営が完了したら雨が降って撤収時は晴れぐらいがベストです。笑

そんな状況なら設営場所によっては、晴れの日と変わらず乾燥撤収できるし、雨キャンプも体験できて一石二鳥です。

 

キャンプ自体が自然環境の中でやる事なので、雨なら雨で、雨キャンプも楽しんでみる手もあるかもしれませんね。

 

これはあくまでも夏場のソロの時に、私が経験した事なのでファミリーやいきなりのキャンプでは見送る方が無難だとは思います。

 

 

 

 

アウトドアライフスタイル・オリジナルキャンプギア | KOKORO

KOKORO

【KOKORO】はあなたのアウトドアライフを全力で応援します。
アウトドアの素晴らしさを体験してもらえるような
オリジナルキャンプギアの製作・販売を始め、キャンプだけではなく
普段のライフスタイルをより充実させるモノ・コトを発信していきます。
自然の温かさ、厳しさ、優しさから得られる多くの感動体験を皆様にも。

屋号 匠製作所
住所 〒880-0912
宮崎県宮崎市大字赤江872
営業時間 9:00~17:00
定休日 不定休
代表者名 山脇 巧(ヤマワキ タクミ)
E-mail info@kokoro-takumi.com

コメントは受け付けていません。

特集